機能性表示食品として登録されているALA - ALAはエネルギー生産に役立つ成分

機能性表示食品として登録されているALA

ALAすなわち5アミノレブリン酸を含む製品は、サプリメントから化粧品まで様々な種類があります。
その中には機能性表示食品として消費者庁に登録されている製品もあります。
機能性表示食品とは、平成27年4月から始まったもので、科学的な根拠に基づいて健康や美容に確かな効果が期待できることを、事業者の責任で商品パッケージに表示できる制度です。

当局が安全性や機能性について審査を行っているわけではなく、あくまでも事業者の自己申告に基づいたものですが、通常の健康食品等よりも信頼性は確かなので安心して飲めるのが魅力です。

ALAが配合された機能性表示食品は、現在のところ一種類だけが販売されています。



対象としているのは、健康診断などで血糖値が高いとお医者さんから注意されたことがある人。血糖値が高い状態が続くと、糖尿病のリスクが高まるので食生活など生活習慣の改善が不可欠です。食生活を改善すると伴に、ALA配合の機能性表示食品を服用することで相乗効果が期待できます。



血糖値が高い人は、空腹時血糖値が正常な人よりも遥かに高い傾向が見られます。
しかし、ALAが空腹時血糖値を正常値に近づける働きをサポートしてくれるので安心です。いかに効果の高い機能性表示食品であっても、価格が高すぎると長期間飲み続けることが難しくなります。



しかし、ALA配合のサプリメントは一月分で約五千円程で販売されているため、経済的な負担が少ないのが特色です。